2023年02月10日

3/11 旅するタロット出張サロン【海岸への小径】@新居浜・萩生の癒しspot

出会えた時空間が一期一会サロン
~ 海岸への小径 ~
タロット読み人TARAです。


先日、久々に双海~長浜の海岸沿いを

車で走りました。


KIMG1560.JPG


見渡す瀬戸内海と浮かぶ小島。

青さがどこまでも続いて、吹いている潮風

自然と呼吸もゆっくりと大きくなり、

顔がにやけて肩の力も抜けてきます~

太陽の輝きや温かさが

菜の花や水仙もしっかりと咲いて

平行する路線を彩っています

山には猛禽類たちもたくさん飛び交っていました。


もう&すぐ春ですね~🌸


新居浜は萩生に

春にオープンを控えた新しいSPOTがあります✨

生まれようとしている食からの癒し空間、

現在準備中なワクワクムードの中にお邪魔して、

出張サロン~海岸への小径~

開かせていただく運びとなりました~🌸


202303111塩梅さん.jpg


啓蟄・如月満月を過ぎて、

生命が春に向かって動き出しているのを感じられるころ。


タイミングもいい感じにシンクロしています💘


お彼岸~春分に向かう頃は木の芽どき、

気持ちが、お天気や小さなことに左右されやすく

元気だったのに、

急になんとなくブルーになったりするかもしれません。

地球全体が春へ生まれようとしている時なので

心配しすぎず、ゆったり過ごしていきましょう~🐣

優しいながらも大きな節目に向かう1日に

タロットを読めることうれしく思います。


★☆ とき ☆★

 3/11(土)11時~17時*

 KIN 37 赤いスペクトルの地球の日 

 ◎古いものを脱ぎ、新時代へかじを切れば
  シンクロに乗ってよりスムーズに進むtoki
  

 kin37.jpg
 
 3名様まで


★☆ セッションタイム ☆★

*3/8 pm9 時現在のご予状況

 ①11:00~
 ②13:30~
 ③15:30~

 *②③のセッション時間の調整/
 ご相談をさせていただく場合があります。


★☆ ところ ☆★

 新居浜萩生(中萩)の新しい憩いSPOT🏡
 
 ご予約を頂きました方にご住所をお知らせいたします📧


★☆ セッション・メニュー ☆★

 ☆3/7をめどにご予約ください

 おススメは

☄「メタトロンに聴く♪」🌸90分

◎神聖幾何学模様のメタトロン・キューブの形に
 配置して読みます。
 スピリチュアルな覚醒への助けと導きは内側にある♪

 9000縁(ショートメッセージ付き)
+1000縁(後にA4レポート付き) ⇒new❣️スプリング割⛲

  レポート付き9080縁です🉐 詳細は こちら♪

 
 *通常の料金に出張代1000縁が追加されます。
  
他にもコースがあります。 

  ご確認くださいませ ⇒ こちら♪  



🌞ご予約時、①お名前②ご希望の日時③ご希望のコース
 ④生年月日をお知らせください。
 
 ◎くるくるカード使えます。
  
  フルセッションの場合に発行中。
  
  2回目以降、おひさしぶりのセッションに
  ご利用くださいませ
  
  ご紹介をいただいた、はじめましての方も、
  ご興味とご縁をありがとうございます。
  
  
カードをご持参ください。 

お問い合わせはお気軽に♪

ご連絡・ご予約を心よりお待ちしています☆彡


新ブログ名刺.jpg



posted by TARA at 18:36| Comment(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月05日

【再・満席御礼】4/1,2 旅するタロット出張サロン【海岸への小径】2days@玉川和~nodoka~さん

出会えた時空間が一期一会サロン
~ 海岸への小径 ~
タロット読み人TARAです。


祝・立春㊗

KIMG1557[1].JPG


とはいえ、

風が強く冷たい日々が続いていました。

本日5日は、朝はがっちりと霜も降りていましたが

久しぶりに太陽がまぶしく、温かい日曜日に。

気持ちや
体感としては今日が立春にぴったり🌞


まだ2月に入ったばかりですが

夕焼けが見られる時間もすこしずつ遅くなり

梅や水仙が少しずつ野や庭を彩ってくれています。


2月と3月のすぎゆく速さを踏まえて

春の準備を少しずつ整えていく頃になりました。

恒例となっている春の
和~nodokaさんでの出張サロン。

今年は4月の始まり2日間になりました。


2023040102nodokaさん.jpg


桜も満開を迎える頃。

人々の生きる社会、生活の要となる学校や職場

それに合わせた住まいなど、それぞれに節目です。


新しい環境に飛び込む時ー

流れにゆだねることに躊躇する時ー

ワクワクする気持ちと予感がある時ー

手放せない思いに春を楽しめない時ー


タロットが映し出すものが

ヒントや後押し、

気づきや手放しが響きやすいタイミングに

出張サロンを開けますことうれしいです。



★☆ とき ☆★

4/1(土)2(日)11時~18時*

 両日とも3名様まで



★☆ セッションタイム ☆★


*3/31 満席となりました


🌞初日🌞4/1(土) 11時~

 KIN 58 白いリズムの鏡の日

kin58白いリズムの鏡.jpg

 ①11:00~ ★ご予約済み
 ②13:30~ ★ご予約済み 
 ③15:30~★ご予約済み


🌞2日目🌞4/2(日)10時半~

 KIN 59 青い共振の嵐の日

KIN59.jpg

 ①10:30~ ★ご予約済み
 ②13:30~ ★ご予約済み
 ③15:30~ ★ご予約済み


*両日とも②③のセッション時間の調整/
 ご相談をさせていただく場合があります。


★☆ セッション・メニュー ☆★

 ☆3/22をめどにご予約ください^人^


💜東洋の叡智が含まれた

 【OSHO禅タロット】を使って読んでいます。


 taraおススメは「メタトロンに聴く♪」🌸90分

◎神聖幾何学模様のメタトロン・キューブの形に
 配置して読みます。

 他にコースはいろいろあります。

(追記:3/6 Spring⛲タロット🌟フェス期間中です
   
       90分コースがおススメです❣️)

 ご確認くださいませ ⇒ nodokaさん出張メニュー



★☆ ところ ☆★

和~nodoka~さん

〒794-0109 愛媛県今治市玉川町長谷680


★☆ ご予約&いんふぉ ☆★

3/22(水)までに
①お名前②ご希望の日時③ご希望のコース④生年月日

TARAまでお知らせください。

*くるくるカード使えます。

コースについてのご質問やお問い合わせはお気軽に♪


☆彡☆彡☆彡


冬の寒さを耐え、通り抜けて来たからこそ

春に咲く

早すぎず 遅すぎず

春は来る

内側にあるものだけが

芽を出す

外にあるものを追いかけなくてもいい

多く耳にしたり

目にする情報や意見が

今、常識だとしても

流行のように

消費され

変わっていくもの

情報を得るソースも増えすぎて

注目を集めるためのものが増え

余計にわかりにくく

変わる速度もどんどん早くなる

傾きすぎたら

相反するものが

バランスしてくれる

思考に頼りすぎず

自分の感覚を取り戻し

育くんで

信じて進むとき

正しさも間違いもなく

それが一番ふさわしい

シンクロを受け取って

軽やかに

新鮮に

オリジナルの楽しさとして

体験していく


☆彡


初日は私の天命や自然とつながりやすく

2日目は私の行動力がより拡大していく

そんなエネルギー溢れる日と感じます✨


初めての方も・お久しぶりの方も

一期一会にお待ちしています^人^☆彡


新ブログ名刺.jpg

posted by TARA at 17:07| Comment(0) | 出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月01日

OSHOの講話 63


『なぜ、仏陀はブッダであって

ボーディサットヴァ(注:菩薩)ではないのでしょうか?』



まず、これら三つのことが理解されなければならない


一つは、人間のマインドの通常の状態…

あなたがこの世、此岸にしがみついていて、

彼岸は架空のものに見える状態だ

あなたは彼岸を信じることができない

あなたがあまりにも此岸にしがみついているので

唯一の問題は、

どうやって執着を解くのを助けたらいいかということだ


W5.jpg


サンデハ(*注:質問者のサニアスネーム)

いまはボーディサットヴァであることを

考えはじめても役に立たない

それは助けにならないし、

危険だ

それは此岸にしがみつく策略になるだけだ

あなたはまだ此岸から自由になっていない

だからこれは、

またこの世界への新しい執着の仕方になる

それは実に巧妙だ 

いまやそれは

宗教、慈悲、人々への愛、奉仕、

という美名のもとに在るようになる

それは偉大な観念となる

「私は人々を救うためにここにいる

私が彼岸へ行かないのはそのためだ」

そしてあなたは彼岸へ行きたがらない

あなたは彼岸があることを知らないし、

彼岸があることさえ信じない

いまやあなたは

極めて微妙で巧妙な罠のなかに落ちいっている


これが普通のマインドの第一段階だ

この段階のマインドは

世界に執着する

そしてますます執着するための

新たな口実をさがし続ける

その執着を解くのは非常に難しい


二番目の段階は、

ボーディサットヴァの段階…

彼岸に跳ぶ用意ができている者、

もうこの世界にはどんな根もない者の段階だ

そういう無執着の境地に達した者の段階だ


第一段階では執着を解くことが難しい

第二段階では執着することが難しい


『ダイヤモンド・スートラ』は

第二段階の人達のためにある

第一段階の人達のためのものではない


まずあなたは執着を

解かなければならない

自分の根をことごとく破壊したとき、

はじめてあなたは他者を助けることができる


さもなければ、

あなたは何の役にも立たない

あなたは何も分かち合うものをもたない

「私は人々を愛している」と

信じ続けることはできるが

あなたにはまだ愛はない

依然として、

あなたは人々が自分を愛してくれることを望んでいる

依然として、

あなたは乞食のままだ

まだ、

理由なく分かち合う喜びのために

愛を分かち合う状態には至っていない


まず第二の段階まで行きなさい

まずあなた自身を完全に

エゴのない状態にしなさい

B16.jpg


この世界のなかにおろした

あなたの根をみんな破壊しなさい


欲ばりにならないことだ

そのときはじめて、

仏陀の言っていることが

あなたにふさわしいものになる


それから次の問題が持ち上がる

はじめの問題はどうやって

執着を解くかということだ


次の問題はどうやって

もう少し執着するかということだ


仏陀は、

あなたにどんな根もなくなったとき、

あなたはここで必要とされる、と言う

そのときには、

あなたは分かち合う何かを持つ

そのときには、

あなたは分かち合うダイヤモンドを持つ

そのときには、

立ち去る前に分かち合いなさい

そしてできるだけ長くここにとどまりなさい

これが第二段階だ


第三段階は、すでに彼岸に到達した

ブッダの段階だ…


さて、あなたはこう訊ねている

『なぜ仏陀はブッダであって

ボーディサットヴァではないのですか?』


第三段階はさらに難しい

彼岸にいながら、

なおかつ此岸にもいるということは

最も難しいことだ


彼岸にいながら、

なおかつ人々を助け続ける

ということは最も難しいことだ

だから、

これらがその三つの難問だ


第一に、此岸に対し無執着になること

第二に、その無執着が起こったとき、

此岸にとどまること

第三に、此岸にとどまることができなくなったとき…

…なぜならなら此岸にとどまることが

不可能になる瞬間が来ているからだ

あらゆるボーディサットヴァは

ブッダにならなければならない

あなたは此岸にしがみつくことはできない

それは違法だ

あなたが立ち去らなければならない時点が来る

少しのあいだくらいなら、

執着することは可能だ

せいぜい一生のあいだくらいならね

が、それ以上は不可能だ

そうなったら、

あなたは立ち去らなければならない

一生ぐらいなら執着できる

すべての根は断ち切れられているが

あなたには肉体があるから、

その肉体のなかにとどまることができる

だから

せいぜい一生ぐらいなら執着できる

それからあなたは

立ち去らなければならない

そして、

第三の段階、

ブッダの段階が来る

ブッダとはすでに立ち去っていて、

それでもなお人々を

助け続ける人のことだ

.
だが覚えておきなさい

ボーディサットヴァであって

はじめて人々を助ける第三段階に入ることができる

さもなければ

第三段階には入れない

.
理解されるべき言葉が二つある

ひとつはアルハット(阿羅漢)、

もうひとつはボーディサットヴァ(菩薩)だ

.
アルハットとは…

実はその二つは同じ境地なのだが…

彼においては世界は断ち切られ、

もはや愛着はなく、エゴは消えている

だが彼はただちに彼岸へ行く

彼はアルハットと呼ばれる

彼は他者のことは気にかけない

彼は用意ができたら、単純に彼岸へ行く

アルハットは彼岸から救いの手を

差しのべることはできない

なぜなら彼は助け方を知らず、

これまで一度も助ける訓練をしたことがないからだ

.
ボーディサットヴァも

アルハットと同じ境地にいる

彼は知った、彼は見た

彼は真理になった

だが彼はもう少し此岸にとどまる

そしてあらんかぎりの

手段を尽くして人々を助け続ける

彼はその助ける道を学んでいる

もしあなたが

ボーディサットヴァになって

それから彼岸へ行ったら…

彼岸ではアルハットもブッダになり、

ボーディサットヴァもブッダになる

彼岸とは

ブッダフッドの岸辺だからだ

だが、

此岸でボーディサットヴァだった者は

彼岸からも助けることができる

彼はさまざまな道や

手段を見つけ出す

仏陀は何世紀にもわたって

助け続けている

いまでも、

あなたが仏陀に心を開けば

その助けはあなたにやって来る

いまでも、

情熱をこめて仏陀を愛すれば

その助けはあなたにやって来る


彼はいまなお彼岸から呼んでいる

だがその彼岸からの呼びかけは

あまりにも遠い

あなたはきわめて注意深く、

耳を傾けなければならない

私に耳を傾けるよりはるかに

注意深くあらねばならない

なぜなら、その声は

「彼(か)の岸辺」からやって来るからだ


遅かれ早かれ、私も行く

もし私を注意深く耳を傾けるすべを学んだら、

あなた方の多くは彼岸にいる私を

聴くことができる


ブッダは意識の究極の状態だ

ボーディサットヴァフッドを通過したら、

あなたはこの世に対し、

ひらいていられる

あなたは永遠に神への窓になる

.
もしボーディサットヴァフッドを通過しなかったら、

あなたは

『無限』のなかに消えはするが、

あなたに助けられる人は

誰ひとりいない


B18.jpg
posted by TARA at 13:35| Comment(0) | OSHOの講話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする