2017年05月28日

歯医者さんへいってきました その2

タロットに聴いて心晴れるや♪
旅するOSHO禅タロット読み人TARAです。

タロット関係ない、歯医者さんネタ!

その2まで。


前編まだの方はこちらから♪
歯医者さんへいってきました


歯といえど。

体の一部を無理やり取り除いた。。。
そんなショックも

今はだいぶ消えて。


なくなるとき気付く

ありがたい奇跡。

残ってた歯の根っこは

丈夫で、抜きにくかったらしい。


いままで長く炎症もちながらも

これ以上広がらないように

ずっと耐えてくれてたんだね。

そして、歯並びも悪くない歯だったんだなと。


小さい死を

受け入れた。


そうでなかったら

もっと

後悔ループ


もし・・・・だったら・・・

可能性サーチループかも。


保険外のホリスティック治療という選択肢だって

なかったわけじゃない。


けどこのことがおきた。

(ながながと書いたけど。)


アーシングがなくても

抜歯しかなかった

アーシングがサプライズギフト。

toko画.jpg
とこさん画(裸足のススメ)

昨年かその前?に、

詰め物がとれて放置した結果、

痛くて痛くて

勝手に神経がとれる、という経験もしたから

このまま歯の治癒力を試そう!

とおもってたところもある。


経済的に治療費に回せないのも大いにあった♪

実際、抜歯の日の治療費は

とっても安かった。

それはそれで財布にはよかったけど

喪失の割に合わないことが、ショックだった。

(なんて勝手な感想だろうか!)



値段安さと安心は違うけど

高さと安心も違う。


必要なお金はめぐってくる、

っていうところの

支出が減るっていうパターンかもしれない。


先生:「アーシング毎日したらいいですよ。

治療した歯の治りにも効果があるとおもいます。

お風呂に入るのもかわりになります」 とのこと。


帰り道、砥部のパワースポット

「衝上(つきあげ)断層」

ちょうど夕日のタイミング。

PAP_0052.JPG


砥部の入り口の山は

やさしくて美しい

PAP_0062.JPG
(この写真は木曜日撮影)

昔話というよりは

神話のなかの豊かな山のように観じる。


そこに流れる川は

古の大地の裂け目

パワフル

PAP_0059.JPG
(この写真は木曜日撮影)

だけど 静か。



PAP_0042.JPG

流れ落ちる音はするのに

ここに立てば静かな音

PAP_0041.JPG

木曜日は雨の後で水がいっぱいだったのに

もう少なくなってた

おかげで

ちょっとだけ中のほうにいって

アーシング

PAP_0043.JPG

水と石、きもちよかった。

カメラは太陽をとりすぎて

フォーカスが効かないのだけど

ズームにして接写してとってみたら

味わい深い写真に。


流れ

PAP_0045.JPG

水面

PAP_0046.JPG

かに

PAP_0044.JPG

あざみ

PAP_0047.JPG

シロツメ草

PAP_0048.JPG

どくだみ


PAP_0049.JPG

モミジ

PAP_0036.JPG

勝手に撮れてた夕日

PAP_0051.JPG

たそがれ時

PAP_0039.JPG

細い細い2日目の月が

夕日を追いかけてた

小田についたころ

---INFO---

5/28(日)11-17時
久万高原町のスィーッ&cafeプティクリフさんへ出張します。

6月中旬までたぶんない、貴重な出張です!きてねー◎

posted by TARA at 03:01
"歯医者さんへいってきました その2"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: