2022年11月23日

OSHOの講話 55


B15.jpg

だが、

まず理解しなければならないのは、

あなたは催眠術にかけられているから、

その催眠を解くプロセスを

通り抜けなければならないということだ。

いいかね、

あなたは条件付けられているから、

その条件付けを解かなければならない。

死がやって来つつあるのだということを

覚えておきなさい。

死は今日は起らないと考えてはいけない。

死はいついかなる時でも起こりうる。

実際、

すべてのものごとはつねに今起こる。

種子は今死に、

つぼみは今花になり、

鳥は今鳴きはじめる。

すべてのものごとは

今この瞬間がもたらす空間でのみ起こる。

過去では何も起こらず、

未来では何も起こらない。

すべてのものごとは

つねに現在において起こる---

ものごとはそのようにしか起こらない。

現在が存在する唯一の時間だからだ。

過去とはあなたの記憶にすぎない。

そして未来とは

あなたの空想にすぎない。

ところがあなたは

過去に生きるよう

催眠術をかけられている。

未来に生きるよう

催眠術をかけられている。

過去か未来のどちらかを選ばせはしても、

社会は

あなたが現在に生きることは許さない。

C8.jpg

キリスト教徒や

ヒンドゥ教徒や

イスラム教徒たち---

彼らは過去に生きるよう

人々を条件付ける。

彼らの黄金時代は過去にあった。

共産主義者、

社会主義者、

ファシストたち---

彼らは未来に生きるよう

人々を条件付ける。

彼らの黄金時代は未来にある。

ユートピアがやって来つつある。

「革命が起れば、

 本当にいきいきと生きることができる。

 そうなったら黄金時代が訪れる。」と。

人は実在しない過去に連れてゆかれるか、

あるいは、

やはり実在しない未来に連れてゆかれる。

どの社会も現在に生きなさい、

今ここを生きなさいとは教えない。

サニヤシンであるとは、

真の探求者であるとは、

今ここを生きるということだ。

そして今ここを生きる以外に生はない。

だが、

そうするためには、

かけられた催眠を

解かなければならない。

あなたは機械ではなく、

人間にならなければならない。

あなたはもう少し

意識的にならなければならない。

あなたは意識的ではない。



私は死んでゆく男のそばに

座っていたことがある---

彼とは同じ大学の教授仲間だった。

彼は輝かしい経歴の絶頂にあった。

ところが、

そのとき彼は心臓発作に襲われた。

心臓発作はいつも

人が頂点を極めたときにやってくる。

成功の後には

つねに心臓発作がつき物だ。

成功をおさめたあと、

他に何が得られるだろう?

そこで彼は心臓発作を起して

死の床についていた。

私は彼に会いに行った。

彼は深い悲しみに沈んでいた---

誰が死を望むだろう?

彼は絶望に打ちひしがれ、

悲しみに悶えていた。

私は彼に言った。

「心配することはない。

 君は死んだりしないよ」

彼は言った。

「何を言ってるんだ?

 医者たちはだよ、

 医者たちは口をそろえて

 回復する見込みは

 まったくないと言ってるんだ。

 君は何を根拠に

 僕が死なないというのかね?」

私は言った。

「君はそもそも

 死ぬことなどできないよ。

 というのも、

 君は一度も生きたことがないからだ。

 君は死ぬための

 第一条件を満たしていない。

 この50年間、

 君は夢遊病者のように生きてきた。

 君は夢を見ていたんだ。

 君は一度も生きたことがない。

 私は君を何年も見守ってきたんだ」


彼はショックを受け、

腹を立てた---

あまりに腹を立てたので、

しばらくのあいだ

死のことなどすっかり忘れてしまった。

怒りに燃えた目で

にらみながら彼は言った。

「死んでゆく人間に向かって

 それはないだろう。

 少しは思いやりがあっても

 いいじゃないか。

 どうしてそんなに

 ひどい態度をとるんだ?

 死んでゆく相手に向かって

 大した哲学を並べるじゃないか---

 『君は一度も生きたことがない』だって。

 こんな時に

 よくそんなことを口にできるね?」

私は静かに聴いていた。

私はひと言もしゃべらず

黙っていた。


すると激しい怒りが消えて、

彼は泣き出した。

彼の目には涙があふれた。

彼は愛を込めて私の手を握ると、

こう言った。

「君が正しいのかもしれない。

 私は一度も

 生きたことがなかったんだ。

 たぶん君は不作法じゃなくて、

 真実を言っただけなんだ。

 それに私にこんなことが言えるのは

 君だけだ。」



そのあと深い感謝が湧き起こり、

しばらくのあいだ、

その顔にぱっと光がさすのが見えるほど

彼は意識的になった---

光がそこにあった。

彼の存在はオーラに包まれていた。

そして彼は「ありがとう」と言った。

その夜、彼は死んだ。

私は最後の瞬間まで彼のそばにいた。

彼は言った。

「もし君がここにいなかったら、

 私は生を取り逃がしてきたように、

 死もまた取り逃がすところだった。

 だが、私は意識して死んでゆく。

 少なくとも一つだけ嬉しいことがある---

 私は無意識のまま死んでゆくのではない。」


そして彼の死は美しかった。

彼は何も思い残さずに息を引き取った。

彼は安らかに死んでいった。

彼は「ようこそ死よ」と言わんばかりの心境で

死んでいった。

彼は感謝に満ちて死んでいった。

彼は祈りのうちに死を迎えた。

彼の次の生はきっと必ず

異なる質をおびるにちがいない。

死がそうまで美しければ、

その死はあなたに新しい生をもたらす。


osho-the secrets of secrets

OSHOの講話 56へつづく



posted by TARA at 11:11| Comment(0) | OSHOの講話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月31日

OSHOの講話 55


FP.jpg

新しい人間は、

この狂気の過去と断絶する。

彼は、

戦争ではなく、愛を信じる。

彼は、

死ではなく、生を信じる。

彼は、

破壊的ではなく、創造的だ。

彼の科学や芸術は皆、

創造性に寄与する。

彼は、

原爆を創ったりしない。

彼は、

政治的にはならない。

何故なら、

政治は憎しみから来ているからだ。

政治の根は、

恐怖や憎しみや、破壊性だ。

新しい人間は、

政治的にはならない。

新しい人間は、

愛国的にはならず、

地球的になる。

彼は、

政治的な野心を持たない。

何故なら、

政治的な野心を持つことは

馬鹿げているからだ。

新しい人間はとても知性的になる。

知性の最初の兆候は、

地平線の上に上がってきている。

見る目を持っていたら、

それを見ることができる。

子供たちは

反逆するようになってきている。

教会の正統派でも、

国の正統派でも同じことだが、

世界中の若い人が、

あらゆる種類の正統派に反逆している、

そういう瞬間に

居合わせているといういことは、

とても祝福すべきことだ。

彼らは、

服従するつもりがない。

彼らは、

反抗しようと決めた訳でもない。

彼らは反抗するつもりもない。

彼らは瞑想をする。

そして、

従う感じがあればそれに従うし、

従わない感じがあれば、従わない。

彼らは、

決まったイデオロギーを持たない。

「私の国は、正しい」とか

「間違っている」とか、

彼らには、

そんな馬鹿げた発言はできない。

それは、

間違っているときもあれば、

正しいときもある。

正しいときは、

新しい人間はそれを支持するし、

間違っているときは・・・

それが自分の国かどうか、

問題ではない。

それは、

自分の家族かもしれない。

父かもしれないし、

母かもしれないが、

間違っているときは間違っているのだ。

新しい人間は、

先入観から生きるのではなく、

瞬間に対して

責任をとることによって生きる。

古い人間は奴隷だった。

新しい人間は自由だ。

新しい人間は、

彼の存在の核心において自由だ。

古い人間は深刻で、

仕事中毒だ。

新しい人間は、

遊びに満ちている。

ホモ・ルーデンス(遊ぶ人)だ。

彼は、

人生を楽しむことが

よいことだと思っている。

彼は、

「義務」や

「犠牲」といった言葉を使わない。


彼は、

どんなものに対しても

犠牲になろうとは思わない。

彼は、

どんな祭壇の生け贄にもならない。

宗教の生け贄にならないし、

聖職者たちの生け贄にもならないし、

政治家の生け贄にもならない。

彼は、

誰に対しても

自分の生を搾取することを許さない。

「あなたの国が戦争しているんだから、

 行って死になさい」

と言われることは許さない。

彼が責任をとるのは、

人生に対してであり、

それ以外に対してではない。

彼は、

喜びに満ちて生きたい。

彼は、

神の贈り物の全てに歓喜していたい。

彼は、

祝祭のうちにいたい。

ハレルヤが、

彼の唯一のマントラだ。

イエスは言った。

「歓喜しなさい。

 歓喜しなさい。

 私は、

 歓喜しなさいとあなたに言う」

人は、

未だに歓喜していない。

人は、

深刻さという

途轍もない重荷の下に生きてきた。

国のために働きなさい。

家族のために働きなさい。

妻のために働きなさい。

子供たちのために働きなさい。

あなたの父母のために働きなさい。

ただ働き続けて、

いつか死んで

墓の中に消えていきなさい。

そうしたら、

他の人が働くことになる。

それは、

ずっと続いていく。

誰も、

人生を楽しむ時間を

持っていないように見える。

私は何も、

新しい人間が

働かないと言っているわけではない。

彼は働くだろうが、

それに中毒することはない。

彼は仕事中毒にはならない。

仕事は麻薬にはならない。

彼は、

いくらかのものが必要だから働く。

しかし彼は、

より多くのものを

ほしがって働き続けることはない。

彼は貯め続けることはしない。

彼は、

多くの銀行預金を持つことが

価値あることだとは思っていない。

また、

とても高い地位につくことが

価値あることだとも思っていない

それより、

彼は歌を歌いたい。

フルートを吹きたい。

ギターを弾きたい。

ダンスを踊りたい。

彼は、

有名になりたくない。

彼は、

生きたい。

誠実に生きたい。

彼は、

誰でもない人になる用意がある。

そして、

それは既に起きつつある。

最初の一条の光が、

もう機能しだしている。

それは、

まだ朝の靄の中に隠れているが、

あなたが探すなら

見つけることができる。

新しい子供たち、

新しい世代は、

全く違う世代だ。

だから世代間ギャップがある。

本当にそうだ。

これまでに、

こんなことはあった試しがなかった。


以前には決して

世代間ギャップはなかった。

人間の歴史を通して、

ギャップがあるのは今が初めてだ。

子供たちは親とは違う言葉を話す。

親たちは、

子供だちに成功してほしいので、

彼らを理解できない。

そして、

子供たちは言う、

「成功することにどんな意味があるの?

 歌を歌えないのに、

 ダンスを踊れないのに、

 楽しむことができないのに、

 愛することができないのに。

 成功することにどんな意味があるの?

 何故なの?

 成功することで何が起こるというの?

 全世界が僕の名前を知ったからと言って、

 それで何を得るというの?」と。

古い世代は、

お金に価値があると思っている。

そして、

お金を放棄した人たちでさえ

骨の髄まで

お金の価値を信じていることに、

あなたは驚くだろう。

彼らはお金の価値を信じている。

そうでなければ、

それを放棄する必要はない。

そして、

放棄を賞賛する人たちも

お金の価値を信じている。

あなたが

多くを放棄すればするほど、

あなたは偉大になる。

だとすると、

基準はお金だ。

お金が判断基準のままだ。

世間では、

お金を持つほどあなたは偉大だ。

僧の世界でも同じだ。

「どれだけあなたが放棄したか?」

あなたが放棄すればするほど、

あなたはより重要人物になる。

そこでも、

お金が重要なものであり続けている。

新しい世代は、

お金マニアにはならない。

だが覚えておきなさい。

私は何もお金に反対している訳ではない。

彼らもお金を使う。

過去には、

お金が人を使ってきた。

過去には、

人が物を所有していると思っていても、

実際は物が人を所有するというように、

人は無意識な生を生きてきた。

新しい人間は、

物を使うことができる。

新しい人間は、

お金を使う。

テクノロジーを使う。

しかし、

新しい人間は、

その主人であり続ける。

彼は、

生け贄にはならない、

道具にはならない。

私にとって、これが最大の出来事だ。


Osho - The Secret Of The Secrets



posted by TARA at 10:10| Comment(0) | OSHOの講話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月19日

OSHOの講話 54(53の続きです)


B8.jpg

瞑想の中へ入ってゆくことは、

どこでもないところへ入ってゆくことだ。

それが何の役に立つのだろう?

あなたの手の中に、

触知しうるものは何もない。

自分が成就したことを、

世間に示しうるものは何もない。

世間は、

あなたが何を成就したのかを、

決して知ることがない。

それは、

内なる体験にとどまる・・・

表現しえず、

言語を絶している。

「あなた」だけが知る、

あるいは、

その体験に行き着いた者たちだけが。

彼らはごく少数で、

きわめてまれだ。

世間全体があなたを笑うだろう。

彼らは、

あなたが罠に落ち、

催眠術にかけられ、

自分の生を無駄にしていると思う。

そして、

このように言う人々が

多数派を占めている・・・

彼らはつねに多数派を占めている。

彼らはキリストを笑った、

彼らは老子を笑った、

彼らは仏陀をあざ笑った。

彼らはマハヴィーラに反対した。

彼らは私に反対している。そして彼らは、

あなたにありとあらゆる復讐をする。

彼らは、

あなたが穏やかに生きることを許さない。

これは実に奇妙だ。

仏陀は、

けっして誰をもかき乱そうとしてはいなかった。

彼は、

弟子と共に穏やかに生きることができたはずだ。

が、人々はそれを許そうとしなかった。

イエスは何をしていただろう?

彼は、弟子と共に山に入り、

瞑想し、祈り、神と神の王国について

語ることができたはずだ。

彼が人々に

どんな害を与えていたと言うのだろう?

だが、

彼らは腹を立てていた、

彼らは激怒していた、

彼らはイエスに怒り狂っていた。

彼らはイエスを殺した。

なぜそのようなことが

何度も何度も起こるのだろう?

もしあなたが私と共に在れば、

世界全体が

あなたに反対することになる。

私と共に在ることは危険だ。

それはやさしい選択ではない・・・

あなたは、

世界を向こうにまわして

私を選んでいる。

世界は大きい。

多数派には、

あらゆる種類の権力がある。

そして、

彼らはあなたに反対し、

あなたを破壊したい・・・

あなたは彼らに何もしていないのに。

なぜ彼らはそんなにあわてふためくのだろう?

起こる微妙な現象がある。

誰かが神に向かって動きはじめる瞬間、

ありふれた俗世間に生きている人はみな恐れをなす。

なぜなら、

探求者の現存が、

突然彼らに、自分たちが生を無駄にしてい

ることを感じさせるからだ。

祈り、瞑想する者たちの顔に

突然浮かぶ喜び。

人々の生、

彼らの実存のなかに

突然、ダンス、変化、変容が・・・

その笑い、その愛・・・。

すると、

金や権力を追い求めている者たちは、

自分自身の努力に疑いを持つようになる。

自分たちは何をやっているのだろう?

これでいいのだろうか?と。

大きな疑いが彼らのなかに湧きあがる・・・。

彼らがひどく腹を立てるのはそのためだ。

あなたは彼らの生に疑いをひき起こす。

ところが彼らは、

自分たちの生が正しい生だと確信して生きていた、

その確信は絶対に揺るがなかった。

そこへ仏陀、

あるいはキリストのような人が現われ、

彼の臨在が彼らを揺り起こす。

彼らは二度と強い確信が持てない。

疑いが彼らの実存に入った。

彼らは、

その疑いゆえに怒っている。

さあ、

私のサニヤシンたちは誰にも何もしていない。

あなたは、

彼ら以上に穏やかで、

愛にあふれている人々を見出すことはできない。

彼らは誰にも何の害も及ぼしていない。

だが、

社会はますますあなたがたに

反対することになる。

そして、社会はあらゆる手段を使って

あなたがたを妨害しようとするだろう。

これは奇妙だ、

実に奇妙だ。が、

そこには微妙な論理がある・・・。

つい2,3日前、

マニーシャが質問した。

「Osho 、

 クチに移転するという計画は

 方便にすぎなかったのでしょうか?」

そうではなかった、

マニーシャ。

私はクチに移転したかった、

すべてが計画されていた。

だが、国の政策によって、

移転することはほとんど不可能になった。

私たちが移転できなかったのは、

モラルジ・デサイの悪意のせいだ。

だが、

私がどこへ行くか、

私の人々がどこへ行くか、

私が何をしているかに、

いったいなぜこの国の首相が

関与しなければならないのか?

私たちはいかなる政策も講じていない・・・

私の人々は

世界でもっとも非政治的な人々だ。

私たちは、

政治はまったく愚劣だと考えている。

だが、

まさにそれが原因だ。

疑いが起こる。

疑惑が起こる。

もし私が正しければ、

そのときには、

彼ら全員が間違っている。

そして、

もしこの考えが広がったら・・・。

それは火のように広がりうる。

真理には潜在能力がある・・・

たとえあなたが

それを磔(はりつけ)にしても、

それは広がる。

イエスは磔によって

破壊されはしなかった。

実のところ、

それは役に立った。

イエスは磔ゆえに、

世界における偉大な力になった。

真理を殺すことはできない。

だが、

遅らせることはできる。

人々はあなたがたに反対するだろう。

だから、

私と共に在るには勇気がいる。

そして、

私はあなたがたに

何ひとつ与えることができない・・・

「無」の他には何も。

一休はまさにそのことを言う。

「私はあなたにすべてを与えたい。

 だが、

 私たちブッダは『無』の他には

 何も持っていない」 

私は、

あなたがたに「無」しか

与えることができない・・・

それが私の贈り物だ。

そして、

あなたは自分のすべてを

賭けることになる。

あなたの生命、

あなたの社会的地位、

あなたの家族、

あなたの財力・・・

あなたはすべてを賭けることになる。

「無」のためにすべてを賭けるとは?

あなたは狂っているにちがいない。


Osho - Take It Easy





posted by TARA at 14:25| Comment(0) | OSHOの講話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする